レゴのF1(ルノー)の落札者は誰?制作費や材料費はいくら?

こんばんは!

今日はまたまた気になる
ニュースを見つけましたよ!

レゴのF1!!

レゴ???????

いやもう今すぐにでも
走り出しそうですけれども???


このルノーとレゴが共同で
制作したF1マシンは
オークションで出品され
なんと1200万円の値段がついたのだとか?!

1200万…。すごいですね。

制作期間は数ヶ月ということですが、
最初からオークションに出品する目的で
制作されたのでしょうか??

収益はユニセフに全額寄付ということで
元から寄付目的の制作だった
可能性が高そうですね。

追記
もともとコラボ目的で制作され、
2017年にパリのシャンゼリゼ通りにある
ルノーのショールームで展示されていたみたいです。

 

今回は個人的にこのレゴで制作された
F1マシンが気になったので、
調べてみることにしました。

 

ルノーとレゴのF1!落札者は一体誰?

まず僕が気になったのは
このF1マシンそのもののことは
もちろんですけれども、

一体誰がこのF1マシンを落札したのか?

という点について。

ルノーとレゴが共同制作した
F1マシンの落札者を調べてみたのですが、
僕のネットリサーチ力では
探し出すことはできまんでした。汗

でもきっと金持ちなんでしょう。(当たり前)

資産家とか社長さんとかですかね??

1200万円って僕みたいな
平凡な人間からすれば


すごい高い!◯買えるやん!!

ってなりますけれども、
そういう人たちからすれば
1200万円でも趣味目的で
ポーンってお金を出せたり、
または投資目的で
出せちゃったりしますもんね。

そういうレベルの人間に
なりたいもんです。涙

ルノーとレゴのF1!材料費や制作費はどのくらい?

次に僕が気になったこと。

それは、

このF1マシンの材料費や制作費はどのくらいなのか?

という点。

ニュース記事には
なんとこのルノーとレゴが共同制作した
F1マシンには
31万3000個のレゴブロックが
使用されているらしい。。。

じゃあレゴブロック1個って
どのくらいするのかな?
と思って調べてみたのですが、
レゴブロックにも色々種類があって
一概にいくら!と言えないようです。

色々とサイトなどを見ていたのですが、
気になる記事を発見。

https://gigazine.net/news/20131219-lego-car/

 

個人で自作するってすごい。。
この自作マシンでは
50万個のレゴブロックが
使用されているというとのこと。
これで制作費が最終的に
1200万円。

今回ルノーとレゴが共同で
制作したF1マシンには
31万3000個のレゴブロック、
ピレリ製のタイヤ(本物)が
使われたりしているので
1000万近くかかっていそう。

ネット上では、

「むしろ安いのでは??」

という声も見られました。

僕は当初の予想落札価格が
数百万と言われていたらしく
制作費や材料費は
そのくらいかな〜なんて
安易に考えていたのですが、

もしかしたら、
1200万円でも
安価であるのかもしれません。

 

まとめ

ということで今回は
ネットニュースで見かけた
ルノーとレゴの共同制作F1マシンについて
調べてきました。

あまりF1とかには
詳しくないのですが、
こういうのを見ていると
なんかロマンがあります。

というかレゴってすごいですよね?
子どもができたら
レゴで遊ばせたいです。
というか僕も遊びます。笑

 

ではこの辺で。ありがとうございました。